2022年1月24日月曜日

BANZAI 【長田】

 皆様、こんにちは!

盆栽の知識が着々と増えている長田です!
では盆栽の育て方編いきましょうか!
さぁまずは基本となる「水やり」からです!
乾いたらやる、たっぷりかける、規則正しく与えるの三つが基本だそうです。
盆栽界では、水やり3年という言葉があるそうで、それぐらい極めるのは難しいのですね!
そして水のかけ方なのですが、
「返し水(かえしみず)」「拾い水(ひろいみず)」 「葉水(はみず)」というやり方があるそうです。
端から順番に水をかけ、反対側の端までいったらもう一度折り返してくるのを「返し水」といい、ひと通り水をかけてから、吸収の早い鉢だけ追い水を与えることを「拾い水」というそうです。
「返し水」も「拾い水」も水の届きにくい古い土の層まで水を染み通らせるためのやり方ということです。まだ十分に根が発達していない場合は「葉水」が効果的だそうです。これは土ではなく葉をめがけて水をかける方法で、葉の裏側にある気孔から水分を吸収させることができ、同時に葉の汚れを落とすこともできるのやり方とのことです。
また、盆栽は春夏秋冬で育て方も変わってくるそうで、
春は
1日1回〜2回
土が乾いていたら鉢底穴から水が流れ出るくらいまんべんなく水やりをする。
夏は
1日2回〜3回
朝・夕たっぷりと与えて夏は水切れを起こさないように要注意。
秋は
1日1回〜2回
鉢底穴から流れ出るくらいの分量でおこなう。
冬は
1日〜4日1回程度
昼間の暖かい時間帯におこなうと良い。
いやー大変そうですが、やり甲斐もありそうですね!
その他にも置き場所や植え替え時期など色々あって本当に奥が深いですね!
盆栽詳しい方がいらっしゃいましたら是非レッスンで色々教えてください!


0 件のコメント:

コメントを投稿